サックスとアドリブ練習帳

サックスを学び、アドリブを学ぶ日々の記録

メジャースケールの覚え方を考える

アドリブの勉強を始める際、
まず出てくるのがメジャースケールです。
これから先に学ぶことの基本になっているため、
ここを覚えないことには、先に進めません。

私は暗記が苦手で、なかなかこれが覚えられません。
練習不足と言ってしまえばそれまでなのですが、
クイズ形式にしてみたら覚えられないかなと考えてみました。

同じように苦しんでいる方、一緒に頑張りましょう。


メジャースケールとは

まずは、メジャースケールのおさらいです。
これは、いわゆる「ドレミファソラシド」ですね。

f:id:lucky90:20190105233024p:plain

正確に言うと「ドレミファソラシド」はこれしかないのですが、
絶対音感がある人以外は、
同じように「ドレミファソラシド」に聞こえるスケールが12個あります。

ここでは全部のメジャースケールはあえて記載しませんが、
例えば、F(ファ)から始まるメジャースケールはこちらです。

f:id:lucky90:20190105233459p:plain

Cycle of 5th(4th)

このメジャースケールのキーの並び方には法則があります。
有名なものですが、これをCycle of 5thと呼びます。

CとかFというのが、そのスケールの始めの音(Root)になります。

Cycle of 5th(4th)

f:id:lucky90:20190105233633p:plain

C(ド)が基準となりますが、
左回り(4度進行)に♭が一つずつ増えていき、
右回り(5度進行)に#が一つずつ増えていきます。

この順番を覚えることがまず最初にすることになります。

①左回り(♭):C→F→B♭→E♭→A♭→D♭→G♭
②右回り(#):C→G→D→A→E→B→F#

クイズ形式にしてみる

ということで、ここまでで覚えるべきことをクイズ形式にしてみます。
全部で3つあります。

  1. Cycle of 5thのキーの順番
  2. キーを見て、何の音に#(or ♭)が付くか
  3. 調号を見て、何の音から始まるか

答えはCycle of 5th(4th)で確認して下さい。

クイズ1:キーの順番

四角の中を埋めて下さい。

f:id:lucky90:20190105235754p:plain

クイズ2:キーから調号をあてる

空欄の箇所を埋めて下さい。

f:id:lucky90:20190106003106p:plain

クイズ3:調号からキーをあてる

空欄の箇所を埋めて下さい。

f:id:lucky90:20190106004745p:plain

まとめ

メジャースケールは、アドリブを勉強する上で、
基本のキの部分になります。

ここに書いてあることは、
「う~ん」と考えて出てくる感じだと遅く、
「パッと見て、パッ答えられる」レベルが目標です。
考える ではなく 反応する という感じですね。

覚えるには反復練習が必要だと思いますので、
繰り返しやって、体に染み込ませていきたいと思います。

Copyright © 2019 サックスとアドリブ練習帳 All rights reserved.