サックスとアドリブ練習帳

サックスを学び、アドリブを学ぶ日々の記録

【サックス】アンブシュア噛みすぎ問題の原因と対策

サックスを吹いていて、下唇の裏側に歯形がついたり、
痛いな~と思った経験はありますでしょうか。

このページを見て頂けているということは、
まさにそのような状態で悩んでいらっしゃるかもしれません。

実は私も長年、この噛みすぎ問題に苦しんでいます。

ただ、先日のレッスンで、
この噛みすぎ問題の根本的な原因が分かったので、
これにより対策も打てるのではと思いました。

まだ矯正中ではありますが、
同じような悩みの方に少しでも参考になったら幸いです。

噛みすぎ問題とは?

アンブシュアの噛みすぎ問題とは、
マウスピースを加える時に、
上下に加える力が強すぎることで起きます。

吹き終わった時に、
下唇の後ろに歯形が付いている場合
この噛みすぎ問題が発生しています。

こうなると、単純に痛いということだけではなく、
か細い音になってしまいまい、
サックス本来の音が出せないという問題が生じます。

サックスが鳴っていると本当にいい音がしますが、
噛みすぎのせいでいい音がしないと、
演奏していても、なんか楽しくないですよね。。。

しかも、一旦この癖が付いてしまうと、
直すのが非常に難しいです。
私も分かっているのに直せないことに苦しんでします。

何故噛みすぎてしまうのか?

噛みすぎの原因ですが、
息のスピードが足りていないことが原因です。

サックスでは、特に高い音を出す時には、
息のスピードを上げる必要があるのですが、
口を締めて、リードの振動幅を狭めることで、
とりあえず、高い音を出すことができてしまいます。

とはいっても、か細い高い音が出るだけなので、
いい音とは言えないですし、
音程も全体的にかなり上がってしまうと思いますが。

体を使って吹くのには訓練も必要ですし、
とても疲れることなので、
ついつい楽をしてしまう方向に流れがちです。

しかし、特に初心者のうちに気を付けておかないと、
噛みすぎのアンブシュアで癖が付いてしまい、
後々、矯正に苦労することになってしまいます。

息のスピードを上げる呼吸法

息のスピードを上げれるようになることが、
噛みすぎ問題を解決するポイントだと思います。

そのために必要なのが「腹式呼吸」です。

腹式呼吸が大切ということは聞いたことがあると思いますが、
ちゃんとした腹式呼吸を身に付けられている人は
意外に少ないのではないかなと思います。

腹式呼吸の方法

私も勉強中ではありますが、腹式呼吸の方法についてです。

腹式呼吸を考える際に、2段階に分解します。
すなわち「息を吸う」ことと「息を吐く」ことです。

息を吸う

まずは息の吸い方ですが、胸が上がってはいけません
(むしろ、胸は少し下がります)

横隔膜を下げるように息を吸っていきます。

この時

「ハァ~」

という感じで息を吸うと、胸に息が入りやすいので、

スゥ~

と、ストローを使って吸うような感じがいいそうです。

上手に吸えるようになると、
息を吸うと、お腹や背中の辺りが膨らむようになります。

息を吐く

次に息を吐くのですが、
こちらも、口先や胸を使って息を吐いてはいけません

横隔膜を上げる力で吐いていきます。
使う筋肉はおそらく「腹斜筋」だと思います。
こうすることで、息のスピードが上がります

この時、説明が難しいのですが、
息を吐く前に、
お腹をグッと決めるのがポイントかと思います。

そして、楽器を吹いている間は、
常にこのお腹に力が入っている状態をキープします。

こうすることで、息にむらがなく、
一定のスピードで息を吐けるようになります。
ロングトーンでも、音が揺れなくなると思います。

アンブシュアは常に一定に

実は、アンブシュアについては
「意識しすぎない」
ことが大切なのではないかと思いました。

というのも、アンブシュアを意識しすぎると、
つい口を動かしてしまったりして、
腹式呼吸で作った息のスピードを止めてしまう
可能性があると感じたからです。

アンブシュアはどの音を吹く時にも常に一定です。
低い音を吹く場合も、
喉をより開いて、体側を低い音を吹く状態にします。

しいて考えることと言えば、
口を上下に締めることではなく、
左右から締めることだと思います。

普段の生活の中で、左右から締めることはまずないので、
ここの筋肉も基本的には鍛えられていないです。
サックスを吹く中で鍛えていく必要があります。

アンブシュアは、左右から締めることだけを意識し、
常に一定に保てるように、
あまり意識しすぎないようにしたいと思います。

まとめ

アンブシュアの噛みすぎ問題についてでした。
私も矯正中なのですが、ほんとに苦しいです。

ですが、時々腹式呼吸を意識してうまく吹けると、
自分の楽器がこんなによく鳴ったんだと感動します。
せっかくの楽器のポテンシャルを
噛みすぎのせいで生かせていないということですね。。。

もし悩んでらっしゃる方がいたら、
ぜひ一緒に解決して、
サックスをさらに楽しく吹けるようになっていきましょう!

Copyright © 2019 サックスとアドリブ練習帳 All rights reserved.